毛穴の詰まりに効果があります

温冷洗顔
美肌自慢の女優さんがテレビで言っていたのをきっかけに始めた「温冷洗顔」を、自分流にアレンジした方法です。 洗顔の方法は、お風呂に入った時にまず化粧落としでメイクを落とします(お風呂場で洗わない派の人は、メイクだけ洗面所で落としてからでもOK)。

この時、私のように乾燥肌体質の方はオイルのクレンジングは使わないことをお勧めします。以前は私もオイルだったのですが、洗浄力が強すぎて肌がぼそぼそしてきたため、できればクリームかミルク、ノンオイルのジェルなどがお勧めです。

ダブル洗顔をせずに38度のお湯でこすらないよう気をつけながらシャバシャバとやさしく手の平で包みこむように洗います。そして、次にできるだけ冷たい水でシャバシャバと同じように洗います。裸だと体に飛び散ってちょっと冷たいですがそこは我慢。38度のお湯でシャバシャバ、また冷水。これを8回程繰り返すと、石鹸を使ってクレンジング剤を洗顔剤で落とさなくても充分にきれいになります。

むしろ使うと、冬はお湯の洗浄力が刺激となって乾燥につながります。 この洗顔を続けていくと、毛穴が開いたり閉じたりを繰り返すことで肌全体に弾力でて、余計な汚れを排出してくれる力がつき、頬の毛穴の開きを目立たなくしてくれます。

お風呂での洗顔の最後には、足先と手先にも冷たい水をかけてから湯船に浸かると、じわわわんと手足の先が温まって、全身の血流が良くなります。 朝は洗面所などで、石鹸を使わず温冷洗顔を3、4回続けてあげます。そうすると、朝なのに顔色がすごく良くなります。

ちなみに、私はウォータープルーフのファイバーマスカラを使用していても全く問題ないのですが、もし、マスカラが落ちにくい時には、あらかじめマスカラ専用リムーバーを使われることをお勧めします。 また、乾燥肌ではない方の場合は、洗顔剤を使われても良いと思います。この方法は、続けることで確実に肌のきめが整うのを実感できると思います。低コストの美容法として満足しています。

「洗顔でクマ除去」
目の大きさ、加齢、疲労により、目の下の「クマ」を気にする女性は多いですよね。私も目が大きく、彫りの深い顔立ちのため目の下の隈が長い間の悩みでした。 始めにおこなった対処法は外からの美容法で、朝と晩に蒸しタオルを目にあてて血行を良くするというもの。確かにやってすぐは血行がよくなったのですが、仕事で疲れた夕方頃には化粧直しではカバーしきれないほどのクマが蘇ってきてしまいます。

「そもそも、クマって何で出来ている人と出来ない人が居るの?」というのは長年の疑問でした。 そんな中知ったのが「洗顔と顔色の関係」でした。 中国医学の考え方では、洗顔がクマとなって現れる。と考えるそうで、腎臓の機能が回復すれば隈もおのずと消えていくそうなのです。そこで、腎臓に良いと言われる食べ物を色々と調べました。

そこで、最も腎臓に良いといわれている「小豆」を毎日食べてみることにしました。始めは、どのように摂取すればよいかわからなかったので、チョコレートなどの甘いものの替わりに餡子の入っている和菓子。などのような感じ。 それから、毎日の主食を「白米」から、うるち米で炊く「赤飯もどき」に切り替えていきました。そして、おかずにも甘さの控えた「お汁粉」や、お団子を付け加えていきました。

最初は、尿の回数が増えたかなあ?という感覚からでした。小豆は体の中の水分量と塩分量をコントロールしてくれる働きがあるとのことで、いつしか、朝起きてすぐの顔の浮腫みもなくなっていまいた。 クマに変化が出てきたのは、小豆生活が3ヶ月くらい経った頃だったと思います。浮腫みが抑えられてきたので、目の下のアイバックも小さく目立たなくなり、始めは目の影が薄くなったような感覚でしたが、下まぶたを下側に伸ばしてみても以前のように青紫色の血管が透けることはなく、うっすらと黒ずんでいる程度。 メイクをすると、ほとんどわからない程度まで快復しました。流石に寝不足が続くと再発しますが、「小豆」ってすごい!!と感動しきりです。

「バイオプロトン」
30歳を目前に控えた頃、目に見えてわかるようなシミが出来たわけでも、皺が深くなったわけでもないのに、なんとなく全体的に「老けた」と感じ、バイオプトロンのハンディタイプを購入しました。バイオプトロンを選んだ理由は、怪しげな美容機器と違ってスイスで医療機器として火傷の治療などにも使われている。

というのが何となく真実味があったのと、有害な紫外線をカットした「光線」なので、金属アレルギーのある自分でも使えると思ったためです。 使い方は、洗顔後に「スウォッツ」という酸素をたくさん含んだスプレーを照射部分にかけて、顔の1箇所に7分程度光を当てるだけ、という簡単なもの。

ただ、ハンディタイプは照射口が狭く、一度に顔全部を照射することはできません。私は4、5箇所に分けて行ったので、毎日30分程度時間がかかりましたが、ハンズフリーにするための脚が別売りで売られていたため、ベットで横になりながらリラックスして過ごせました。 正直、即効性のあるタイプの美容法ではありません。

照射することで、熱くなるわけでもないし、噴射した水が浸み込んでいくのを感じるわけでもないので不安になります。 でも、1ヶ月くらい続けていくと、確実に肌の毛穴が引き締まってきたのを感じました。

さらに続けると、今度は毛穴の締まりとともに「何となく」感じていた「老け感」が改善されてきたのを感じました。 どうやら、感じていた老け感の正体は「たるみ」だったようです。それも、肌が全体にたるむのではなく、熟した果実のように肌の内側の肉からたるんでくる感じ。この症状には洗顔後のバイオプトロンはドンピシャでした。

光線なので、肌の表面だけでなく内側の細かい部分まできちんと届くようで、弾力が出てきて内側からぴん!と張るような肌を実感することができました。 ハンディタイプの価格は、脚やスウォツ3本を含めて13万円程度だったと思います。でも、エステに通ったり高い化粧品を買うくらいなら、絶対にこちらのほうがおすすめの美容法です!

ニキビで悩まない